しまもと医院

広島市の内視鏡・消化器内科, 内科  しまもと医院

〒734-0003 広島県広島市南区宇品東7丁目2番26号
電話番号   (代表) 082-254-6300
(内視鏡のお問い合わせ) 082-207-1770 
インターネット事前受付はこちら
▲Mobile Site
HOME»  当院の特徴

当院の特徴

しまもと医院の4つのこだわり

院内設備:「快適」というコンセプトのもと、院内をリニューアル

2017年9月、当院の内装をリニューアルしました。
「快適」というコンセプトにこだわり、患者さまが、よりリラックスして検査・治療を受けていただけるよう、様々な工夫をほどこしております。

大腸内視鏡検査を受ける患者さまは、下剤を飲む必要があります。
そういった方がなるべくストレスを感じないよう、個室を4部屋ご用意いたしました。
また、検査後の不快感を和らげていただけるようにシャワー室も用意しております。

我が家のようにリラックスできたという嬉しいお声をいただくこともあります。
内視鏡検査を不安に感じられる方も多くいらっしゃいますが、落ち着いて受診していただければ幸いです。


クリニックでは珍しいシャワールームを
設置しております。
検査後にご利用ください。

医師・スタッフの専門性 : 内視鏡検査を中心に、消化器疾患に関する幅広い診療を行っています

胃癌・大腸癌は、日本人のかかる癌の中でトップクラスの患者数です。
またお酒を飲まれる方・タバコを吸われる方は食道癌のリスクが高くなります。
癌以外にも潰瘍・胃炎・腸炎・ポリープなど、胃腸には様々な病気が発生します。
消化器疾患の診療に長く携わり、毎年2000件以上の内視鏡検査を行ってきた当院の院長が、ていねいに診療いたします。

薬物療法が中心となる逆流性食道炎・胃十二指腸潰瘍・慢性下痢症などは、当院で責任をもって治療に当たらせていただきます。
また大きな病院でないとできないと思われているような炎症性腸疾患の検査・治療にも対応しております。

癌や大きなポリープなど、入院での治療が必要な病気が見つかった際には、信頼できる専門医のいる施設を紹介させていただきます。
近隣の基幹病院と連携を取らせていただいておりますので、ご案内もスムーズに行えます。


消化器系疾患に対して質の高い
検査・治療を行います。

苦痛を少なく : 鎮静剤・鎮痛剤や経鼻内視鏡を積極的に取り入れています。


患者様にご納得頂いてから検査・治療を行います。
ちょっとしたお悩みでもお気軽にご相談ください。

胃・大腸いずれの内視鏡検査もつらい・痛いなどのイメージがつきものですが、当院では患者さまの苦痛をできるだけ軽減するため、鎮静剤・鎮痛剤を積極的に用いて検査しております。
個人差はありますが、「検査がいつの間にか終わっていた、楽でよかった」というお声をよくいただいております。

検査後は快適に休んでいただけるようなスペースをご用意しています。
鎮静剤・鎮痛剤を使用した際には十分に休んでいただき、頭がスッキリしてから説明を聞いていただきます。

また胃の検査の場合、経鼻内視鏡を使用すれば鎮静剤・鎮痛剤を使用しなくてもさほど苦痛はありませんので、検査後結果をお聞きいただいて、すぐにお帰りいただくことができます。

もちろんいずれの方法も絶対ではなく、事前に患者さまと十分に相談の上、適切な検査方法を提案させていただきます。

なお、鎮静剤を使用した場合、当日のお車やバイクの運転はご遠慮いただいておりますので、ご了承ください。

衛生管理 : 患者さまに選ばれる設備・衛生管理をめざしています

当院では患者さまの病状や感染状態に関係なく、すべての機器を滅菌、消毒しております。
特に内視鏡は衛生管理を徹底しています。
検査室も、患者さまごとにアルコール消毒を行っています。
また、検査前の個室、検査後のシャワー室など、こだわりを持って設備をととのえております。

これは、病気の苦痛や治療への不安を感じている患者さまに、これ以上のストレスをかけまいとする配慮です。
みなさまが、清潔な空間で、リラックスして検査・治療を受けていただけるように力を入れています。


内視鏡検査のカメラは、患者様ごとに
専用の洗浄機にて除菌を行います。